話題の映画・海外ドラマ・音楽・アーティスト情報
最近の記事

第88回アカデミー賞、ディカプリオ受賞する? 出席するのかしないのかが私のなかで話題に
Long time no Z!ベン・スティラー主演映画「ズーランダー」続編「Zoolander 2」、ジャスティン・ビーバーが予告編にも登場(゚∀゚)
「007」シリーズで見つけた新たな映画の楽しみ方
「ズーランダー」の続編「Zoolander 2(原題)」の予告編公開!ストーリーは…
第87回アカデミー賞受賞結果一覧
第87回アカデミー賞ノミネーションと受賞予想
第86回アカデミー賞、受賞結果一覧!
ベン・スティラー来日決定!主演映画「LIFE!」のプロモーションで

2013年08月23日


米NBCは、1994年に公開された映画「リアリティ・バイツ」を基にした、30分枠のコメディシリーズを製作したいと考えているとか。

リアリティ・バイツ」は、1990年代のいわゆる“ジェネレーションX”の若者たちの姿をリアルに描いた青春群像劇。

ベン・スティラーが28歳で監督デビューした作品で、主演も務めています。ウィノナ・ライダー 、イーサン・ホークが主要キャストで出演しました。

リアリティ・バイツ」の脚本を担当したヘレン・チャイルドレス(Helen Childress)が、パイロット版の脚本執筆にあたり、ベン・スティラーは、プロデューサーとして関わるとのこと。いつ放送されるのかなど、詳しいことは残念ながら分からず。

わたくしクリクリ、もちろん「リアリティ・バイツ」を観たのですが、なにしろ随分前のことなので、詳細なシーンを思い出せない…。というわけで、(気が向いたら)改めて観てみようかと思ったりしてます。


リアリティ・バイツ
Amazonで詳しく見る



ソース:Variety


posted by クリクリ | 海外ドラマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月03日



ベン・スティラーが監督・主演する新作映画「The Secret Life Of Walter Mitty」(原題)のワールドプレミアが、第51回ニューヨーク映画祭のセンターピース・ガラで行われるそうです。

第51回ニューヨーク映画祭は、9月27日から10月13日(現地時間)まで、「The Secret Life Of Walter Mitty」のワールドプレミアは、10月5日に開催されます。


観に行きたい!


The Secret Life Of Walter Mitty」予告編:



The Secret Life Of Walter Mitty」のあらすじは、下記の記事をご覧くださいませ。

ベン・スティラー監督・主演の新作映画「The Secret Life of Walter Mitty」、ショーン・ペン共演で期待高まる(私だけ?)>>

The Secret Life Of Walter Mitty」は、12月25日全米公開予定です。


第51回ニューヨーク映画祭オフィシャルサイト: The 51st New York Film Festival



posted by クリクリ | 映画 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月01日


ライアン・ゴスリングがスターダムを駆け上るきっかけになった映画として、6作品が紹介されていました。

人気子供番組「ミッキー・マウス・クラブ」に出演していたライアン・ゴスリングも、今や、俳優として確固たる地位を確立したと思われますよね。

ライアン・ゴスリングのターニングポイントと言われる映画とはどの作品なのかと、わたくしクリクリも興味を惹かれ、読んでみました。

以下が、その6作品の映画です。(記事の映画のあらすじは、ちょっと分かりづらい気がしますけど…。ほぼそのままで)


The Believer」 2001年



ライアン・ゴスリングは、ダニー・バリント役で主演。ライアン・ゴスリングのキャリアにおいて最初の主演作。ダニーは、若いユダヤ人の学生で、ユダヤ教の意味を理解しようとするも、反ユダヤ的な考えを持つようになるが、自分の信条をもとに葛藤する。


きみに読む物語」(原題:The Notebook) 2004年



ライアン・ゴスリングは、ノア・カルフーン役で主演。ノアは、アリー・ハミルトン(レイチェル・マクアダムス)という裕福な令嬢と恋に落ちる。アリーの両親は、ノアの経済状況を認めず、娘を遠ざけるのだった。 数年後、第二次世界大戦の後、アリーは成功したビジネスマンと婚約していたが、ノアに再び会う方法を見つける。そして、ふたりがまだ互いに惹かれあっていることを明らかにするのだった。このノアというキャラクターは、若い女性の憧れの男性として、ファンを獲得した。


Half nelson」 2006年



ライアン・ゴスリングは、ダン(中学校教師で麻薬常用者)役で主演。ダンは教室では生徒の心をとらえる教師だったが、一人の女子生徒が、ダンが放課後に麻薬をやっている姿を発見してしまう。彼女は、ダンと自分が似たような境遇で生きていて、互いを助けることができるとすぐに理解する。
ライアン・ゴスリング本作でアカデミー賞主演男優賞に初めてノミネートされた。


ブルーバレンタイン」(原題:Blue Valentine) 2010年



ライアン・ゴスリングは、ディーン・ペレイラ役で主演。仕事が順調ではないにも関わらず、野心に欠けるマイペースな夫ディーン。若い夫婦の関係は、互いに似たような家庭環境に育ったふたりであっても、それぞれの性格や思い描くゴールによって、絶えず試される。すれ違うディーンと妻のシンディーは、娘を預け、週末に町を出るのだった。


ドライヴ」(原題:Drive) 2011年



ライアン・ゴスリングは、昼間は映画のカースタントマンと自動車整備士、夜は強盗の逃走を請け負う運転手の男を演じている(「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」でライアンが演じた“ルーク”に似たキャラクター)。
謎多き運転手の男は、隣人の女性と互いに惹かれあっていく。しかし、ある出来事によって、その女性の夫に会う状況になってしまうのだった。


「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」(原題:Place Beyond the Pines) 2012年



ライアン・ゴズリングは、謎多きオートバイ・レーサーのルーク役で主演。ルークは、かつての恋人ロミーナ(エヴァ・メンデス)に再び出会い、必死にアプローチする。
ロミーナがルークの息子をひそかに産んでいたことを知り、ルークは、彼の新たな家族を養うためにその日暮らしをやめようとする。そして彼は、優れたバイクテクニックを見込まれ銀行強盗に加担してしまう。出世に野心的な警官エイブリー・クロス(ブラッドリー・クーパー)が、ルークを追い詰め対峙することになる。エイブリーは、腐敗しきった警察署において昇進するのだった。


以上が、ライアン・ゴスリング、ブレイクのきっかけとなった映画6作品、ということです。

「きみに読む物語」「ブルーバレンタイン」「ドライブ」が、とくに印象的だったなあと思います。


ソース:The Huffington Post UK

posted by クリクリ | 映画 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ベン・スティラーが監督・主演を務めるアドベンチャー・コメディ映画「The Secret Life of Walter Mitty」(原題)の予告編が公開されました。

本作「The Secret Life of Walter Mitty」は、1947年に製作された米国映画のリメイク版で、米国の作家ジェームズ・サーバーの短編小説「虹をつかむ男」(邦題)(1939年発表)の映画化。

といっても、本作は原作に忠実な内容ではないそうです。

ダニー・ケイ主演の1947年製作の映画「虹を掴む男」(邦題)は、1950年に日本でも公開されたようですね。

さてさて、本作はベン・スティラーが監督・主演することとともに、ショーン・ペンが共演するとあって、わたくしクリクリ、勝手に期待が高まっていまして。

コメディー映画でショーン・ペンがどんなふうに演じるのかに興味津々です。シャーリー・マクレーンも出演しているんですね。

The Secret Life of Walter Mitty」予告編:
(この予告編では、ショーン・ペンが少しだけ登場。ベン・スティラーを手招きしているような。)




The Secret Life of Walter Mitty」あらすじ:
LIFE誌で働く控えめな男、ウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、空想の世界でドラマチックな自分を思い描くという日々を送っていた。そんなウォルターが、とある出来事をきっかけに、現実の世界で冒険に乗り出すことになってしまう。その冒険は、かつて彼が空想したどんな出来事よりも厳しいアドベンチャーになるのだった。

主な出演者:
ベン・スティラー、ショーン・ペン、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、パットン・オズワルト、シャーリー・マクレーン



米国で2013年12月25日公開予定だそうで、待ち遠しい思いで関連ニュースをチェックする日々、です。この映画、大いにヒットの予感。



「虹を掴む男」1947年製作


「虹をつかむ男」 (単行本)ジェイムズ・サーバー著


posted by クリクリ | 映画 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Web Analytics

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。