話題の映画・海外ドラマ・音楽・アーティスト情報
最近の記事

第88回アカデミー賞、ディカプリオ受賞する? 出席するのかしないのかが私のなかで話題に
Long time no Z!ベン・スティラー主演映画「ズーランダー」続編「Zoolander 2」、ジャスティン・ビーバーが予告編にも登場(゚∀゚)
「007」シリーズで見つけた新たな映画の楽しみ方
「ズーランダー」の続編「Zoolander 2(原題)」の予告編公開!ストーリーは…
第87回アカデミー賞受賞結果一覧
第87回アカデミー賞ノミネーションと受賞予想
第86回アカデミー賞、受賞結果一覧!
ベン・スティラー来日決定!主演映画「LIFE!」のプロモーションで

2013年11月29日
ベン・スティラーの映画制作会社Red Hour Filmsの子会社であるRed Hour Digitalが、Webコメディ・シリーズ「Next Time on Lonny」のシーズン2をプロデュースするそうです。今回もリアリティTV番組のパロディです!

「Next Time on Lonny」は、そもそもMaker Studios(ニューヨーク在住のクリエーター、Alex AnfangerとDan Schimpf)によって独立制作されました。リアリティーTV番組のパロディーで、Webコメディ・シリーズとして2011年にYouTubeで配信されています。

一方、Red Hour Digitalは、オリジナルのデジタル・コンテンツを様々なフォーマットで提供する目的で設立され、実写やアニメのWebシリーズやゲームなどを制作していくとのこと。

すでに、Red Hour DigitalにはWebコメディ・シリーズ制作の実績あり。リアリティTV番組「ザ・バチェラー (The Bachelor)」のパロディである「Burning Love」を米ヤフーの動画サイト“Yahoo! Screen”で配信済みです。

ということで、Webコメディ・シリーズ「Next Time on Lonny」シーズン2を、ベン・スティラーのRed Hour DigitalがMaker Studiosのパートナーとなって制作するとのこと。来年早々、2014年1月からプロモーションを始める予定だそうです。

ですが、おそらくUSオンリーで「Burning Love」と同じく日本からは観られないのではないかと…。USオンリーでなければ、多くの視聴者を劇的に獲得する可能性があると思うので、とても残念。

「Burning Love」をオリジナルコンテンツとして配信した米ヤフーのCEOは、動画サービスを拡大し、いかに動画広告スペースを増やすかを最優先課題にすると語っています。コンテンツ拡充のためにライセンスの取得やオリジナルコンテンツ制作(「Burning Love」のような)にも投資していくとのこと。ただし、コンテンツ制作への投資はするけれども、あくまでも"プラットフォーム"を目指すといいます。

"プラットフォームを目指す"? そこなんです、動画配信サービスの課題は(ユーザー視点)。

『魅力的なコンテンツを世界同時配信する"プラットフォーム"』であれば、爆発的な視聴数獲得となるはずですよね? しかし、世界同時配信にはコンテンツの多言語化が必須(百歩譲って英語でもOKかとも思いますが)。そもそも、多言語化以前に魅力的なコンテンツを揃えることが不可欠です。

“Yahoo! Screen”は10ヵ国以上でローカライズされていますが、動画配信サービスのプラットフォームをローカライズしたところで肝心のコンテンツが充実していなければ"箱があるだけ"状態です。

コンテンツを充実させるためには、オリジナル制作やコンテンツライセンス契約をして、独占的に配信する必要があるでしょう。このことが、一番大きな壁となって(相変わらず)立ちはだかっているのではないでしょうか。

今年、動画ストリーミング配信会社ネットフリックス(Netflix)のオリジナルコンテンツがエミー賞を受賞しました。ドラマシリーズ『House of Cards』のデビット・フィンチャーが最優秀監督賞を獲得するなど、放送局やケーブルテレビに負けない作品を世に送り出せるということを示し、おおいに話題になりましたよね。

オリジナルコンテンツであれば多言語化もしやすいはず。企画段階から多言語化&世界同時配信前提で進めていけば、これまでに見たこともないような同時視聴者数を目にすることになるかもしれないじゃないですか!

すでに他の国々に"プラットフォーム"があるなら、世界同時配信へのハードルは低くなるはず。ひとつのWebサイトから配信すればサーバへの尋常ではない負荷が予想され、設備投資に大枚をはたく必要があるでしょうから。

結局のところ、"壁"は以前から何ら変わっていないと思うわけです。ライセンスとことばと。USオンリーのWebシリーズを日本で同時に観たい! そんな希望をかなえてくれるサービスが現れることを願う私クリクリなのでした。

ちなみに、Red Hour DigitalがParamount Digital Entertainmentと2年契約をした際、「ズーランダー」のゲームやアニメ制作を含むとされていたはずなのですが、どうなっているんだろうか、と思う今日この頃…。


YouTube『Next Time on Lonny』


Yahoo! Screen『Burning Love』


ソース:
TheWrap
The Hollywood Reporter
WSJ日本版




posted by クリクリ | 海外ドラマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。