話題の映画・海外ドラマ・音楽・アーティスト情報
最近の記事

第88回アカデミー賞、ディカプリオ受賞する? 出席するのかしないのかが私のなかで話題に
Long time no Z!ベン・スティラー主演映画「ズーランダー」続編「Zoolander 2」、ジャスティン・ビーバーが予告編にも登場(゚∀゚)
「007」シリーズで見つけた新たな映画の楽しみ方
「ズーランダー」の続編「Zoolander 2(原題)」の予告編公開!ストーリーは…
第87回アカデミー賞受賞結果一覧
第87回アカデミー賞ノミネーションと受賞予想
第86回アカデミー賞、受賞結果一覧!
ベン・スティラー来日決定!主演映画「LIFE!」のプロモーションで

2015年02月22日
明日2月23日9時より、第87回アカデミー賞受賞式が開催されますね。

今年も、アカデミー賞主要部門の受賞予想をしてみました。

まずは作品賞から。「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」が受賞確実だと思っています。

今朝、ふいに、ある名前が頭に浮かんだのですが、その名前というのが、ゴンザレス。
これ嘘じゃありませんから。本当ですから。

「ゴンザレス? なに、それ」って、自分でも思いましたからね。 ← 脳内どうなってる

オスカー予想のこのブログを書き始めて、もしかしてアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督のことでは? ゴンザレスではなく、ゴンサレスだったんじゃないか、と(笑)。

そんなわけで、 今“ゴンサレス”に風が吹いている、“ゴンサレス”がきてる、きっとそんな感じ、たぶんそうに違いない、ということで、私クリクリの作品賞受賞予想は、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」で間違いない、そう思っています(実のところ、作品賞か監督賞かで迷いました)。


監督賞は、「6才のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレイター。

4人の主要人物を同じ俳優が12年間も演じるって、すごくないですか。 ← そして押し売り

この監督賞、肝心の(?)“ゴンサレス”監督は、作品賞受賞なので、監督賞は別のお方に渡ると予想。

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 が作品賞と主演男優賞を受賞して、「6才のボクが、大人になるまで。」が監督賞と助演女優賞を受賞、というバランスでどうでしょう? ← 誰


さてさて、主演男優賞には、スティーヴ・カレルがノミネートされています。ファンとしてはぜひ受賞を!と思うところです。が、予想はシビアに。

私クリクリの予想は、マイケル・キートン。 ← あっさり


続いて、主演女優賞。今回、ジュリアン・ムーアがノミネートされています。ジュリアン・ムーアがこれまでオスカーを受賞していないのはおかしいと思っていた私クリクリとしては、ついに受賞!とジュリアン・ムーアの主演女優賞受賞確定という気分になっています。

そもそも、ジュリアン・ムーアは「エデンより彼方に」で主演女優賞を受賞すべきでした。 ← ご意見番
そう思いませんか? ← 押し売りAgain


助演男優賞には、「セッション」のJ・K・シモンズ。 
私クリクリ、イーサン・ホークとエドワード・ノートンのファンなのでお二方を推したいところですが、今回は、鬼教師ぶりが尋常じゃないと言われているJ・K・シモンズがオスカー像を獲得するのではないでしょうか。

たしか、怒っても褒めても人は伸びない、と最近読んだ本に書いてあったような気が。
アドラーの心理学でしたっけ?  ← いらないうんちく


そして助演女優賞は、パトリシア・アークエット。 ← 以降、あっさりが続きます


脚色賞は、 「博士と彼女のセオリー」。


脚本賞は、「6才のボクが、大人になるまで。」。


撮影賞は、「ターナー、光に愛を求めて」。


美術賞は、「グランド・ブダペスト・ホテル」。


そして歌曲賞には、「はじまりのうた」の“Lost Stars”。

はじまりのうた」は、「ONCE ダブリンの街角で」のジョン・カーニー監督作品ですね。

ここで受賞しなければ、何のために映画を製作したのか(怒)、ということになっちゃうんじゃないでしょうか…。 ← 事情通か





というわけで、以上、第87回アカデミー賞主要部門予想でした。

以下は、第87回アカデミー賞ノミネーション一覧です。

<作品賞>
アメリカン・スナイパー


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)


6才のボクが、大人になるまで。


グランド・ブダペスト・ホテル


イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密


セルマ


博士と彼女のセオリー


セッション



<監督賞>
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
リチャード・リンクレイター 「6才のボクが、大人になるまで。」
ベネット・ミラー 「フォックスキャッチャー」
ウェス・アンダーソン 「グランド・ブダペスト・ホテル」
モルテン・ティルドゥム 「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」

<主演男優賞>
スティーヴ・カレル 「フォックスキャッチャー


ブラッドレイ・クーパー 「アメリカン・スナイパー」
ベネディクト・カンバーバッチ 「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
マイケル・キートン 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
エディ・レッドメイン 「博士と彼女のセオリー」


<主演女優賞>
マリオン・コティヤール 「サンドラの週末


フェリシティ・ジョーンズ 「博士と彼女のセオリー」

ジュリアン・ムーア 「アリスのままで


ロザムンド・パイク 「ゴーン・ガール


リース・ウィザースプーン 「ワイルド

WILD 投稿者 teasertrailer


<助演男優賞>
ロバート・デュヴァル 「ジャッジ 裁かれる判事


イーサン・ホーク 「6才のボクが、大人になるまで。」
エドワード・ノートン 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
マーク・ラファロ 「フォックスキャッチャー」
J・K・シモンズ 「セッション」 


<助演女優賞>
パトリシア・アークエット 「6才のボクが、大人になるまで。」
ローラ・ダーン 「ワイルド」
キーラ・ナイトレイ 「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
エマ・ストーン 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
メリル・ストリープ 「イントゥ・ザ・ウッズ


<脚本賞>
 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 「6才のボクが、大人になるまで。」
 「フォックスキャッチャー」
 「グランド・ブダペスト・ホテル」
 「ナイトクローラー」

<脚色賞>
 「アメリカン・スナイパー」
 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」
 「LAヴァイス」
 「博士と彼女のセオリー」
 「セッション」

<外国語映画賞>
 「イーダ」 Ida  (ポーランド) 
 「リヴァイアサン(原題)」 Leviathan  (ロシア) 
 「タンジェリンズ(原題)」 Tangerines(Mandariinid)  (エストニア・グルジア) 
 「ティンブクトゥ(原題)」 Timbuktu(Le Chagrin des oiseaux)  (仏・モーリタニア)
 「ワイルド・テイルズ(原題)」 Wild Tales (Relatos salvajes) (アルゼンチン・西) 

<長編アニメ映画賞>
 「ベイマックス」
 「ザ・ボックストロールズ(原題)」 The Boxtrolls
 「ヒックとドラゴン2(原題)」 How to Train Your Dragon 2
 「ソング・オブ・ザ・シー(原題)/Song of the Sea」
 「ザ・テイル・オブ・ザ・プリンセス・カグヤ」(かぐや姫の物語)

<長編ドキュメンタリー賞>
 「シチズンフォー(原題)」 Citizenfour  (独・米)
 「ファインディング・ヴィヴィアン・マイアー(原題)」 Finding Vivian Maier  (米)
 「ラスト・デイズ・イン・ベトナム(原題)」 Last Days in Vietnam  (米)
 「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」 The Salt of the Earth(Le sel de la terre) (ブラジル・伊・仏)
 「ヴィルンガ(原題)」 Virunga  (英) 

<短編ドキュメンタリー賞>
 「クライシス・ホットライン(原題)」 Crisis Hotline: Veterans Press 1  (米)
 「ジョアンナ(原題)」 Joanna  (ポーランド) 
 「私たちの受難」 Our Curse(Nasza klatwa)  (ポーランド) 
 「ザ・リーパー(原題)」 The Reaper (La Parka)  (メキシコ) 
 「ホワイト・アース(原題)」 White Earth  (米)

<短編実写映画賞>
 「アヤ(原題)」 Aya (仏・イスラエル)
 「ブーガルー・アンド・グレアム(原題)」 Boogaloo and Graham (北アイルランド・英)
 「チベットの埃」 Butter Lamp(La lampe au beurre de yak/酥油燈)  (中・仏) 
 「パーヴァナ(原題)」 Parvaneh (スイス)
 「一本の電話」 The Phone Call (英)

<短編アニメ映画賞>
 「ザ・ビッガー・ピクチャー(原題)」 The Bigger Picture (英)
 「ダム・キーパー」 The Dam Keeper (米) 

 「愛犬とごちそう」 Feast  (米)
 「ミー・アンド・マイ・モールトン(原題)」 Me and My Moulton (カナダ・ノルウェー) 
 「ア・シングル・ライフ(原題)」 A Single Life  (オランダ) 

<作曲賞>
 「グランド・ブダペスト・ホテル」
 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」
 「インターステラー」
 「ターナー、光に愛を求めて」
 「博士と彼女のセオリー」

<歌曲賞>
 「LEGO(R)ムービー」“Everything Is Awesome”
 「セルマ(原題)」“Glory”
 「ビヨンド・ザ・ライツ(原題)」“Grateful”
 「グレン・キャンベル:アイル・ビー・ミー(原題)」“I'm Not Gonna Miss You”
 「はじまりのうた」“Lost Stars”

<音響編集賞>
 「アメリカン・スナイパー」
 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 「ホビット 決戦のゆくえ」
 「インターステラー」
 「アンブロークン(原題)」

<録音賞>
 「アメリカン・スナイパー」
 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 「インターステラー」
 「アンブロークン(原題)」
 「セッション」

<美術賞>
 「グランド・ブダペスト・ホテル」
 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」
 「インターステラー」
 「イントゥ・ザ・ウッズ」
 「ターナー、光に愛を求めて」

<撮影賞>
 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 「グランド・ブダペスト・ホテル」
 「イーダ」
 「ターナー、光に愛を求めて」
 「アンブロークン(原題)」

<衣裳デザイン賞>
 「グランド・ブダペスト・ホテル」
 「LAヴァイス」
 「イントゥ・ザ・ウッズ」
 「マレフィセント」
 「ターナー、光に愛を求めて」

<メイクアップ&ヘアスタイリング賞>
 「フォックスキャッチャー」
 「グランド・ブダペスト・ホテル」
 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

<編集賞>
 「アメリカン・スナイパー」
 「6才のボクが、大人になるまで。」
 「グランド・ブダペスト・ホテル」
 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」
 「セッション」

<視覚効果賞>
 「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」
 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」
 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
 「インターステラー」
 「X-MEN:フューチャー&パスト」



posted by クリクリ | 映画 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414481458
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。